夏色s
    HOME   »  バルデル号  »  軍用犬バルデル号

    軍用犬バルデル号

    この記事は毎年再投稿させて頂いたます。

    8月15日は 終戦記念日


    一度記事にしたかったので、おつきあいお願いいたします。


    私(baba)が生まれる前、両親は犬を飼っていました。
    ドイツからやってきた、ジャーマン・シェパードのバルデル号です。
    両親はバルデルを、とても可愛がっていたようです。
    私の写真よりバルデルの写真の方が数倍あります。

    f0114893_9124135.jpg
    父とバルデル                         母とバルデル

    父は、バルデルに訓練士をつけていましたが、
    熱心なあまり自分で訓練するようになり、訓練している写真が新聞に載りました!




    新聞に掲載されたバルデルの自転車ジャンプ


    後に、この写真が切っ掛けでバルデルは戦争に行くことになります。

    しばらくして、バルデルに可愛い可愛い妹(baba)が出来ました。
    その頃のバルデルは、お手伝い犬として大忙し!
    妹(baba)の子守とお買い物です!
    昔は、放し飼いが出来たので、たばこ屋さん、八百屋さん、魚屋さんのお使いは、バルデルの担当でした。

    妹(baba)の生まれた年に第二次世界大戦が日本でも始まり
    バルデルは、隣組の防空演習 に参加したりしていましたが・・・



    f0114893_9264860.jpg
    隣組の防空演習集合写真。バルデルも防毒マスクを下げています。

    新聞に載った記事が国の目に止まり、父より早く招集されて戦争に。
    1年以上たってから、父も招集されました。
    バルデルからは一度だけ「どこどこ(たしか、外国と聞いていましたが、何処だったかは覚えていません。)におります。」というハガキが知らない兵隊さんから届いたそうです。

    父は戦争が終わって運良く帰って参りましたが、バルデルは、帰っては来ませんでした。
    国からは何の連絡もなかったようです。

    バルデルの仕事は、地雷犬だったということだけ聞いていました。
    私は地雷探知犬だとばかり思っていましたが

    つい最近、軍用犬の役割  を見て
    対戦車犬(地雷犬)というのがあったことを知って、もの凄いショックを受けています・・・(両親は知っていたのか?)
    もしかしてバルデルも、そうだったのかもしれないと思うと何とも言えない気持ちに・・・

    戦争で役に立たなくなった犬は、そのまま放置されて、安楽死もさせてもらえなかったと、聞きました。



    f0114893_9325281.jpg
    babaの兄バルデル号

    戦争で、こういう犬がいたことを、犬が大好きな方に知ってもらいたくて記事にしました。


    関連記事
    スポンサーサイト



    にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへ
    いつもポチっとありがとうございます♪

    web拍手 by FC2

    Comment
    こんにちは
    ありがとうございます
    貴重な写真を見せていただいて感動しています。
    No title
    かしこい犬だったのですね。
    そのせいで戦争に行かされてかわいそう。i-241
    お父様、お母様がとってもすてき。babatyama美人なんでしょうね。
    No title
    バルデル号のこと、そしてbabatyamaさんのご両親のお気持ちを思うと、
    何度見てもいたたたまれない気持ちになります。
    平和が訪れている今の日本では、せめて
    わんこの忠実な想いを踏みにじることのないようにしていきたいです。
    一飼い主として深く考えさせられます。
    今年も
    今年も「そろそろ」とおもってたところでした
      先にヤラレテしまいました
    もっともbabaちゃまが本家ですから
    何回読んでも…感動と怒りで胸がいっぱいです
    ★はっちゃんさん
    はっちゃんさんは戦後生まれでしょうか?
    私は、防空壕とか防空ずきん、覚えているんです。
    この時期は、思い出します。
    ★ライオンのバブーさん
    よく言われました!
    美男美女の子だけどね~
    変だね~
    ってv-395
    ★じゅこすけさん
    何度か読み直してくださって嬉しいです。
    私は自分で描いたこの記事で、ぼろぼろ涙を流しますv-404
    ★ジュリレナ+パパ&ママさん
    去年は有り難うございました!
    今年は、忘れず早めにと、心がけていました!
    毎年、バルデルを思い出して頂いて、嬉しいです。
    有り難うございます♪
    No title
    地雷犬、なんともやりきれないです( ´Д⊂ヽ

    皆を不幸せにする戦争…
    どうしたら起らないようになるのか
    自分には答えはありませんが
    折に触れ考えなければならない問題ですね。
    No title
    この時期になると思い出します。
    そして、バルデル君の記事でbabaちゃまのブログに初めてコメを書いた時の事も思い出します。
    毎年の事ながら心が痛みます。
    今年の初めに軍用犬のドラマが放映された時、真っ先にバルデル君と重なりました。
    最初から最後まで、涙が止まらなかったです。
    ★なをさんさん
    そうですね。
    戦争は、みんなを不幸にする
    良いことは一つもないですね。
    世界から戦争がなくなることを祈ります。
    ★こりんまりんママさん
    そうだったんですか~!
    では、ブロ友になって頂いて2年がたったわけですね!
    長いことお付き合い頂いて、有り難うございます。
    これからも、よろしくお願いいたします♪
    No title
    私もちょうどこのバルデル号のことを思い出していました。
    終戦記念日が近くなるとさまざまなドラマやニュースを耳にすることが増えますけど、私にとってもバルデル号のことは特別な思いがあります。
    絶対に忘れてはいけないことだと思っています。
    ★はみぃさん
    バルデルを思い出してくださって
    ありがとうございます。
    戦争の時代に生きた方、全部の方が
    たいへん辛い経験をしてきたんです。
    それを出来る限り伝えていきたいですね。
    No title
    私は新参者ですので、はじめてバルデル君の記事を読ませていただきました。
    衝撃です。なんともやりきれない気持ちでいっぱいです。
    私も娘も、ジャーマンシェパードってカッコいいよねv-238といつも憧れていた犬種なんです。
    訓練にまじめに取り組むかしこい子だったろうに・・・そんなワンコ達も戦争の犠牲になっていたなんて・・・。
    娘の子ヤギも衝撃を受けていました。怒りをおさえきれないようでした。
    貴重なお写真とお話を本当にありがとうございました。

    追伸:babatyamaさんのご両親、ホントに美男美女v-10謙遜なさってるけど、babatyamaさんも相当な美人さんだと思いますよ~v-238
    ★SamuraiYagiさん
    子ヤギちゃんが見ていただいたので
    この記事を今年も再掲載して良かったと思いました!
    子ヤギちゃんありがとう♪

    babaが来年も元気だったら、子ヤギちゃんよりもっと小さいお子さんにも見てもらえるように、絵本式に描いてみようかなって、
    子ヤギちゃんのおかげで今考えはじめています。

    私は母に似ていると言われますが、写真の母は、39才位かしら
    今の私より20才以上若い!(笑)
    こんにちは
    命を道具にするってのが本当に悲しいですね。
    軍用なんて、犬にはわからないもの。
    辛い記憶を公表していただいて、私たちにも戦争の悲惨さが、
    ほんの末端でも感じられます。

    リンクいただきありがとうございます。
    お返事が遅くなってすいませんでした。
    こちらからもお願いいたします。
    どうか末長くお付き合いくださいね。 
    おひさしぶりでございます。
    ここのところ、夏風邪ひいてダウンしてたので、ちょっとご無沙汰しちゃってましたがもう復活いたしましたので、早速やってまいりました!

    いつものように楽しい記事かしらと覗いてみたら、いやはやなんとも切ないお話・・・・でもすごく貴重な記事です。この事実に目を背けてはいけませんね。ずっと後世に伝えるべき事だと思いました。

    私の母は満洲からの引き上げ者でした。よくその当時の苦い体験を聞かされたものです。人類にとって、悲惨な戦争の記憶は決して忘れてはいけないことだと思います。そんな過去があるからこそ今の平和があるってこと、感謝すべきですよね。

    ありがたい記事をありがとうございました。

    それにしても、ばばちゃまの家系って凄い!!!

    ★こみさん
    わざわざコメント有り難うございます。

    戦争は沢山の信じられない出来事を起こすんですね。

    こみさんからこんなお言葉頂くなんて
    思ってもいませんでしたので
    凄く嬉しいです♪
    どうぞよろしくお願いします。
    ★かのんさん
    やっぱり!
    更新が途絶えて、気になっておりましたが
    たぶんご旅行にでもいかれたのかしらと
    良い方に考えておりました!
    ブログでは、
    あちらこちらで夏風邪を引いたと聞きます。
    流行っているのでしょうか?

    毎年、ブログのタイトルが変わっても
    この記事だけは再掲載したかったので
    あまりにも、いつもの記事と違って
    脅かしちゃって、ごめんなさい。
    はじめまして
    babaちゃま、こんにちは。
    バルデル号のこと、胸のしめつけられる思いで読ませていただきました。
    人の命でさえ、紙くずのように使い捨てられていた戦時中。
    犬の命は単なる道具としてしか見られなかったのでしょうね。
    でも、人も犬も家族。
    家族を失い、後になってその家族がどんな運命を辿ったのかを知る・・・。
    どんなに辛く悲しかったことかと思います。

    また終戦の日がやってきますね。
    戦地で命を落とした人、内地で命を落とした人のほかにも、
    バルデル号のような運命を負った犬がいたこと、
    心に刻んでおきたいと思います。


    それから・・・。
    7月25日の記事でロールオーバーのことを知り、
    こっそりソースを見せていただいて私もやってみました。
    事後報告になってゴメンナサイです。
    ★ゆずりんさん
    コメント有り難うございます。
    コメントの調子がおかしいみたいでごめんなさい。
    私もコメントの修正を
    管理画面へいかないと出来ない
    と言うことしばしばで…
    皆さんにご迷惑かけているかもしれません。

    ロールオーバーですか!
    あとでお邪魔します!楽しみです♪
    No title
    babatyamaさん、
    おひさしぶりです。お元気ですか?
    過密な忙しさが退いていったら、急にホームシックにかかり
    何にもやりたくなくなっていました。
    でも、もう元気になりました。
    戦争ほど無益なものはないですね。
    ここにいるとジャパニーズ・アメリカンの方々の
    苦労を聞く機会もあります。
    子供達は、歴史を学ぶ授業でアメリカ側の正義だけを
    聞かされます。もちろん自分のフィルターにかけて聞いてますから
    全部を同意していませんけれど。
    平和であり続けることは、なんて難しいのだろうと思います。
    日本の原発問題も早く解決してほしいと願います。
    ★らいむぱいさん
    お久しぶりです。
    ホームシックですか~
    私は経験したことがないので、よく分かりませんが
    きっと辛いのでしょうね~
    アメリカにいらっしゃると、
    アメリカ側の目で見た戦争も分かりますね!
    ジャパニーズ・アメリカンの方々は戦時中の苦労が
    並大抵でなかったことでしょうね。

    今、日本では、終戦記念日15日が近いので、戦争の事が、
    テレビでもいろいろ放映されています。
    アメリカでのそう言う傾向はあるんでしょうか。
    原発もほんとにどうなるのか…

    とにかく、らいむぱいさん元気を出してくださいね♪

    No title
    はじめまして。
    ランキングからお邪魔させていただきました。
    いなべ便りのpetero kと申します。

    しばらく前のテレビ番組で、はじめて軍用犬のことを知りました。
    バイデル号も、大変な使命を担って戦地に遣わされたのですね。
    ご家族にとっては、大切な家族の一員、どんなにかお辛いことだったでしょう。
    その番組で、犬というのは、忠実に従い通すことしかできない・・・
    と言われていました。
    すばらしい忠実さのゆえに、このようなことのために用いられることが二度とありまんように・・・ 祈るばかりです。
    この記事を載せてくださって、ありがとうございました。


    ★petero k さん
    私は戦争が4才で終わったので、あまり記憶にありませんが
    少しでも、知って頂きたくて、親や親戚に聞いていた話をあつめて、
    記事にしました。写真があったのも、記事にするきっかけでした。

    読んでくださって、コメントまで頂き有り難うございました。

    No title
    babatyamaさん、今年もこの記事をリンクさせて頂きました。
    事後報告になってしまって済みません。
    来年も、これからもずっと忘れたくないことです。
    ★はみぃさん
    毎年リンク有り難うございます。
    リンクして頂くことで、より沢山の方に
    知って頂けて、とても感謝してます。
    No title
    はじめまして。
    貴重なお話ありがとうございます。
    平和があってからこその我がワンコ達との暮らし。
    2度と理不尽な戦争が起こらない事を願います。

    babatyama様の作品も楽しみにしております。





    ★バロン母さん
    コメント有り難うございます。
    URLがなかったので「バロン母さん」で検索しましたら、
    たどり着いた先は、先日、拍手にコメント頂いた
    「アクティーフ シュヴァーン家のブログ」にたどり着きました!
    間違っていたらごめんなさい。
    後ほどゆっくり伺います。

    バルデル読んで頂いて有り難うございます。
    No title
    はじめまして。
    バロン母さんのブログから来ました。
    軍用犬の話、シェパードが家族のtomoには辛すぎる話です。
    バルデル号も戦争の時代でなければ、ステキな人間のパートナーとしての犬生があったのでしょうね。
    とっても良いお顔してる。
    二度と「戦争」、あってはならないと思います。

    「迷画」、楽しいですね。
    ★tomoさん
    バロンさんのブログから来て頂いたんですね!
    ありがとうございます。
    シェパードと暮らしていらっしゃるんですね!
    ブログを開いていらっしゃるのでしょうか?
    もしお持ちでしたら今度是非URLを教えてください。

    バルデルの記事を読んで頂いてありがとうございました。
    はじめまして
    はじめまして、こんにちは。
    今朝、ブログ用にと軍用犬の写真を検索していて
    たまたまバルデル号の記事を拝見しました。

    貴重な写真とお話を拝見させて頂きありがとうございました。
    私の愛犬もバルデル号と同じシェパードです。
    家庭犬ですが、忠実に主のことを想う本能は素晴らしいものがあると感じます。

    バルデル号を含め、日本の為に戦争に出向いた多くの先人達がいたことを忘れてはいけないと思いました。
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    babaちゃま

    Author:babaちゃま
    残り3分の1あったらいいな♪
    無理かな~
    70代の女の子です
    毎日を
    大切にしなくてはね(*^_^*)


    ポチポチポチっとよろしね♪
         ↓ 


    にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ



    babaのクレージーアート


    フリー素材

    Instagram
    babaのInstagramに飛びます 覗いてみてね!
    Instagram
    babaのカレンダー
    最新記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    カテゴリ
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    リンク